100切り、90切りを目指す具体的なラウンド方法はコレだ!

スポンサーリンク
ゴルフ

アマチュアゴルファーには、それぞれ目標スコアがありますよね

今日こそ、なんとか100切り!

今日は最低でも、90切り

世の中にはスコアアップのアドバイが溢れています

ゴルフ雑誌でも、ネットでもスコアアップのコツやアドバイスは溢れています。
スイング作りや、傾斜別の打ち方、練習方法。。。ets。。。
でも、なかなか目標を常に達成することはありません。

 

まぁそれがゴルフです!

そもそも、突然上手くならないのもゴルフ。
ラッキーもあれば、アンラッキーも有るのがゴルフ。

そもそも・・・

ショットは短時間では、上手くなりません。
スイング作りは一生ですよね。

当然、突然シングルプレーヤーにはなれません。

ライザップのCMが本当なら別ですが・・・

ラウンドの途中で諦める事ありませんか??

小生もあります。

出だしからOBを打ちトリプルボギー      → +3
2番Holeではボギーオンの2パット       → +1
3番Holeは、なんとはパーオンしたのに3パット → +1

3Hole終わって、+5。。。 この調子だと 72 + 30 =  102。。。

 

絶望だ・・・  今日はもういいや・・・  (← 諦めモード)

こんな事ありませんか?因みに僕はよくありますが・・・・

考え方を変えれば、コレでもOKなのです。

スコアアップのポイントは【3Holeで区切ってラウンド】

18Holeを3Holeで割ると、6ブロック

その6ブロックに役割とリミットを決めます。

例えば、100切りを目指すのであれば・・・

1ブロック:1~3番
    その日のスイングの調子、球筋、グリーンの速さを確認
 トリプル1
 ダボ1 ボギー1 はOK
2ブロック:4~5番
  その日の出玉で勝負、常にオーバーパット
ダボ1 ボギー2 はOK
3ブロック:6~9番
徹底的にトラブル(OB)
回避、パーオンでは無く寄せワン
 ダボ2、ボギー1 はOK
4ブロック:10~12番
昼一のショットの調子を探りましょう。無理は禁物!
 ダボ1、ボギー1 はOK
5ブロック:13~15番
いよいよ後半、パーオンしたらバーディー狙い!
 ダボ1、ボギー1 はOK
6ブロック:16~18番
疲れが出てますが、最後は勝負です!
 ダボ1、ボギー2 はOK

 

  Hole 打てるボギー類 score
1ブロック
  
1 トリプル1
ダボ1
ボギー1
+6
  
2
3
2ブロック
  
4 ダボ1
ボギー2
+4
  
5
6
3ブロック
  
7 ダボ2
ボギー1
+5
  
8
9
4ブロック
  
10 ダボ1
ボギー1
+3
  
11
12
5ブロック
  
13 ダボ1
ボギー1
+2
  
14
15
6ブロック
  
16 ダボ1
ボギー2
+4
  
17
18
      +24

24 + 72 = 96

以外と、叩いても100は切れる気がしませんか?

ポイントは・・・

3Holeごとに、目標のOVERPerを設定します。

例えば、1~3Holeで、+6を設定したなら、+5なら「アンダー回ったぞ!」です。

+7になってしまったら、4~6Holeで設定したOVERPerを一つだけ下回るために、Perを狙わず、ボギーを取りに行く

逆に、設定したOVERPerより下回ったら

・グリーンを狙うショットで攻めてみる。

・攻撃的なパットで勝負してみる。

間違ってもドライバーで攻めてはイケませんよ・・・

90切りを目指す方でも、80切りを目指す上級者でも

1Hole毎に一喜一憂するのではなく、3Hole毎で考える。

少しだけ冷静にラウンドは行えるかもしれませんよ

 

一度、試してみては如何でしょう?

コメント