美人女子ゴルファー三ヶ島かな選手の使用クラブとスタッツ分析で見えた課題とは?

スポンサーリンク
ゴルフ

富士通レディース2019では2日が終わった段階で2位に1打差のTOP!ついに初優勝か!っ期待された。三ヶ島かな選手

惜しくも、アマチュアの古江彩佳選手に破れ2位タイでしたが、非常に大会も盛り上げて頂きました。

三ヶ島かな選手ってどんな人?

福岡県出身の1996年7月13日生まれ。身長は、164cmと以外と身長があるんですね。
(テレビでの印象はもっと小さい選手かと思いました)

画層元:GOD様より引用しました

何より可愛らしビジュアルが、コースでもテレビでも目を引く選手ですが。

高校卒業後の2015年のプロテストに不合格も、QTで5位に入り出場権し、17年は賞金ランク41位でシード権。18年7月のプロテストに2度目の挑戦で合格した選手です。

プロになるまでに3年を要した苦労人でもあります。ホントに応援したくなりますね。

三ヶ島かな選手のデータは

テレビは見る印象は、「後半に大事なパットが入らななくて涙を飲む」そんな印象があります。

そんな三ヶ島かな選手と渋野日向子選手、昨年から苦しんでるイ・ボミ選手とのデータを比較してみましょう。

当然ですが、渋野日向子選手は平均的に各項目が上位ですね

注目すべきは、三ヶ島かな選手は平均飛距離で劣っているものの
渋野日向子選手とパーオン率が変わらない所。
一方、 平均パット数が、三ヶ島かな選手:1.85 渋野日向子選手:1.75

仮に3日間競技として・・・

三ヶ島かな選手:1.85×18ホール×3日間 = 99.9
渋野日向子選手:1.75×18ホール×3日間 = 94.5

その差は、約5打差・・・  やはり「パットイズマネー」なのでしょうか

パーオン率が変わらないだけに、今後のパッティングに期待ですね。

三ヶ島かな選手の使用クラブは?

三ヶ島かな選手のクラブ契約は、ブリヂストンです。

画層元:GOD様より引用しました

◯ドライバー
ブリジストン:TOUR B JGR
シャフト:フジクラ SPEEDER EVOLUTION Ⅲ
◯フェアウェイウッド
ブリジストン:TOUR B JGR 3W
ブリジストン:TOUR B JGR 5W
◯ユーティリティー
ブリジストン:TOUR B JGR U3
ブリジストン:TOUR B JGR U5
ブリジストン:TOUR B JGR U6
◯アイアン
ブリジストン:TOUR B X-CB #6~PW
◯ウエッジ
ブリジストン:TOUR B XW-B 52度
ブリジストン:TOUR B XW-B 58度

比較的オーソドックスなセッティングですね。

三ヶ島かな選手も愛用の「TOUR B JGR ドライバー」は非常に話題で
ネットでも話題ですし、youtubeでも特集が多く見られます。

三ヶ島かな選手も、19ヤードも飛距離が伸びたとブリジストンのHPに書かれていました。

我々、アマチュアゴルファーには男子プロよりも、女子プロのクラブセッティングが参考になりますね
先調子の所謂”弾き系シャフト”の、SPEEDER EVOLUTION Ⅲとの組み合わせは、とても参考になります

病との戦いも

2017年シーズンの途中からある病気に悩まされていたようなんです。

2017年の7月末の「大東建託・いい部屋ネットレディス」。突然、めまいや耳が聞こえなくなる等の症状が出て棄権することに。さらに翌週の「北海道meijiカップ」でも「あの時が一番最悪だった」と予選落ち。
翌月曜日に病院に行くと『メニエール病(激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患)』と診断されたようです。

「薬をもらって飲んでいますが、まだめまいに襲われるときもあります。」との事。
一般にメニエール病は、ストレス等も原因と言われ完治も難しいと言われます。

現在も薬を飲みながらコース・プレッシャーそして病とも戦っている三ヶ島かな選手。

三ヶ島かな選手には今後も病気に負けることなく初優勝できることも祈っています!

三ヶ島かな選手の今後に期待です。

そんな、三ヶ島かな選手
今週の悔しさをバネに、是非とも今年中に初優勝を
そんな期待感で一杯です。

画層元:GOD様より引用しました

今後も、三ヶ島かな選手に注目です。

コメント