キャッシュレス:基礎の基礎のお話

スポンサーリンク
キャッシュレス

巷で話題のキャッシュレス。乗り遅れてませんか?

 

朝昼のコンビにで、キャッシュレスで、さっと精算
そんなスマートな風景が当たり前になってきましたね

 

財布の中から小銭をゴソゴソ探しで行列を作る。。。
自分の迷惑な事は、他人にも迷惑なのでスマートに行きたいですね

改めて、キャッシュレスとは

キャッシュレスとは、現金を使わず、クレジットカードや電子マネー、口座振替を利用して
支払い・受け取りを行う決済方法の事です。

キャッシュレスの種類

キャッシュレスといっても、種類はたくさんあります。
クレジットカード、交通系ICカード、携帯タッチ型決済、QRコード決済など多くあります。
Suicaもそれにあたります。

キャッシュレスは3種類に分類出来ます

キャッシュレスでは、支払いが発生するタイミングが
前払い」「即時払い」「後払い」の3種類に分けられます。

前払いとは

いわゆるプリペイド方式のこと。Suicaやnanacoのように、あらかじめ金額をチャージしておく「電子マネー」です。

即時払いとは

デビットカードのように支払いと同時に銀行口座から代金が引き落とされるもの。

後払いとは

クレジットカードのように後日請求される支払い方法です。

実際の支払い方法は

支払いは、基本的にカードやスマートフォンに記録された情報を、専用端末で読み取ることで決済が完了します。

接触型

カードをカードリーダーなどで直接読み込む「接触型」。クレジットカードなどがそれにあたりますね。

非接触型

端末に直接ふれなくてもカードやスマートフォンを近づけるだけで近距離無線によって読み取るタイプです。

コード読み取り型

コード読み取り型は、店頭に置かれたQRコードをスマートフォンの専用アプリで読み取ったり、あるいはスマートフォンの専用アプリでQRコードやバーコードを表示させて店舗のPOS端末で読み取ったりする方式です。

ちなみに、LINE Pay、楽天ペイ、Origami、PayPay(ペイペイ)、メルペイもこの「コード読み取り型」です。
これらも何れのサービスによって前払い、即時払い、後払いに分かれます。

選択肢が多すぎで悩みますね。

結局、キャッシュレスを使うメリットは?

私の感覚では、正直「極端なメリット」は少ないと思います。

でも「小さなメリット」が複数あります。

→ ポイントが貯まる・使えるから
→ 支払いがスピーディーだから
→ 支払いが楽だから

加えて、ATM手数料がなくなるのはメリットですね。

特にコンビニATMで少額下ろして買い物するの馬鹿馬鹿しいですよね。

今回の結論 キャッシュレスを使わない事がデメリット

結論的にはキャッシュレスは、使う事に大きなメリットはありませんが

使う事にデメリットは少なく、小さな節約も積み重なる

おまけに時代の流れもあります。

次に興味は出て来るのが。。。

・どのキャッシュレスサービスを使うのか?
・どう使えばお得なのか?
・手続きは?

続きは、次回の記事で

コメント